BLOG BackWpUpからDropboxに自動バックアップができないエラー解決方法【2019/05】

Posted on 2019/05/13
Category: WordPress

BackWpUpのエラー

2019年5月初旬に、BackWpUpで設定しているDropboxへの自動バックアップのエラーが発生していました。
エラーの内容を見てみると、「Dropbox API: (400) Bad Input parameter: Error Call to API function」とあるので、以前にエラーが発生した時と同じではないかと予想してBackWpUpプラグインの更新履歴をチェックしてみました。

BackWpUpの更新履歴

「Fixed: Update Dropbox Tokens」とありますので、予想通りDropboxの仕様変更によるトークン切れが原因だったようです。
結論から言いますと、BackWpUpプラグインの再設定で直りますので、下記の方法をお試し下さい。

BackWpUpからDropboxへの自動バックアップのエラー解決方法

WordPressのバックアップ

念の為、作業開始前にWordPressのバックアップを行って下さい。
BackWpUpで新しい設定を作成し、保存先を「フォルダーへバックアップ」に設定すれば、お使いのサーバー上にバックアップが作成されます。

BackWpUpプラグインのアップデート

BackWpUpプラグインをVersion 3.6.9にアップデートします。
管理画面の「更新」メニュー、または「インストール済みプラグイン」の一覧から行います。

BackWpUpジョブの設定を再設定する

エラーの起きているBackWpUpのジョブを編集します。
「ジョブ」一覧から「編集」をクリックして、「宛先: Dropbox」のタブに移動します。

このままジョブを実行してもエラーが起こってしまいますので、まずは「Dropboxの認証を解除」をクリックして認証の解除を行います。

次に、Dropbox フル認証コードを取得をクリックして、別ウインドウで開いたDropboxの画面の指示に従い、コードを取得しコピーして元の画面に戻ります。

コピーしたコードをペーストして、最後に「変更を保存」ボタンをクリックして終了です。
ジョブを実行すると正常にバックアップが実行されるはずです。

同じエラーでお困りの方は、お試しください。

SHARE THIS PAGE