BLOG 蔭山楼のおいしい鶏白湯麺が食べられる西早稲田『蔭山』

Posted on 2019/12/16

自由が丘の中華料理店『蔭山楼』がラーメン専門店として出店した西早稲田『蔭山』の看板目ニューは「鶏白湯麺」。
西早稲田駅〜高田馬場二丁目エリアの強豪店です。
ラーメン激戦区の高田馬場や早稲田エリアでも白湯系ラーメンを出したのが早い方だったと記憶しています。

白濁しているけど重すぎない芳醇な鶏スープ

蔭山の鶏白湯麺の特徴は、鶏のいい香りがする真っ白な白湯スープの上に山盛りサラダ。
サラダの上のフライドガーリックとスープの中に浮いている柚子の皮の香りがスープと混ざると絶妙なバランスに白湯スープ引き立てていると感じます。
個人的にはフライドガーリックだけ追加オプションで付けてほしいくらいです。

そして麺は浅草 開花楼のツルツル中太麺。
ラーメンラバーズの間では超有名な開花楼の麺ですが、蔭山の濃厚なスープにほどよく絡んで麺がスープを口の中に運んでくれます。
100円増しの大盛りにすると食べ応えのあるボリュームになります。
オープン当初は普通盛りのみでの営業でしたが、学生の多い場所柄から大盛りが登場したのかなと思います。

シメは一口サイズのプチごはん

ラーメンを注文するとサービスで付いてくるライスなのですが、麺を食べ終わった後にスープにドボンして食べる雑炊スタイルです。
ラーメンに入っている鶏肉を少し残しておくと、参鶏湯のような雑炊になって一度で二度おいしい嬉しいサービス。

陰山の場所や営業時間

場所は早稲田通りと明治通りの交差点近くにあって駅からは少し離れていますが、ランチタイムには店外まで列ができていることもあります。
日曜祝日に営業しているラーメン店が少ないこともあって、週末にも店外まで並んでいることもあります。
客層は、社会人から学生まで幅広く、女性客だけでの来店もよく見かけます。
ラーメンの上のサラダと丸みをおびたかわいい器が女性人気を高めてそうですね。

住所・アクセス

東京都新宿区高田馬場1-4-18

都営バス 高田馬場2丁目の停留所から徒歩1分
地下鉄 副都心線 西早稲田駅から徒歩5分くらい
JR/地下鉄 東西線 高田馬場駅から徒歩10分くらい

営業時間

月~土:11:00~23:00
日曜・祝日:11:00~22:30
定休日:年末年始

※記事の内容は執筆時のものですので、最新の情報と違った場合があるかもしれませんがご了承ください。

SHARE THIS PAGE